« January 2008 | Main | March 2008 »

February 17, 2008

全日展

(個人的には)驚異的なスピードで、準備が進んでいる。
タイトルリーフを除く47リーフのレイアウトが、(一応)終わった。
ボストークのパソコン用無地リーフに印刷し、切手を貼った状態になっている。スバラシイ!

この後、書き込みの間違い等をチェックし、不都合が無ければ、出品用のリーフに印刷、切手を貼り直して完成となる。
今までは、締め切り前日に、半分徹夜の状態で終わらせるのが普通だっただけに、信じられない進捗状況である。タイトルリーフには例によって手を焼きそうだが、お決まりのドタバタは避けられそうな雰囲気。

何故こうなったかと言えば、出品対象がアメリカ以外で、十分な知識を持ち合わせていないから。(「それじゃあ、アメリカについては、十分知識があるのか」という、意地悪な質問はしないように。)
参考文献も売り切れで、カタログ頼みという不安な状況、かつ、小国(?)故、足りない材料をすぐに買うことが出来ないというハンデもあり、旧正月の休みを潰して作業を進めた次第。

突っ込みどころ満載の作品になりそうだが、(アメリカ以外の)デビュー作でもあり、温かい目で見て頂きたい
(と先手を打っておこう)。

Ffhardingpmgermany
画像は1922年シリーズの1.5セント改正図案単貼ドイツ宛私葉、では無かった、印刷物。
この時代、ドイツ宛のはがきは3セントであったが、印刷物扱いであれば、半額で済んだ。
消印に日付が無いことも、印刷物扱いの証拠。
ヨーロッパ宛の印刷物は、切手付封筒や、帯封の例が多く、このようなコンパクトな使用例は、余り見掛けない気がする。

| | Comments (0)

« January 2008 | Main | March 2008 »