« June 2008 | Main | August 2008 »

July 24, 2008

#631 (1)

前の記事を放置して置いたところ、信州人さまが丁寧に解説文を書いてくれました。ガムブレーカー付の普通の切手は、こんな感じです。
418961
右側の耳紙を見て頂くと、見事に波打っている感じが判ると思います。この切手のガムブレーカーは、こういう感じに見えます。

前の記事の画像の右側のブロックが、#631のガムブレーカー無しです。カタログ評価は単片が80ドル(1ドル90セント)、ガッターペアが200ドル(4ドル50セント)と、ガムブレーカーありの普通の切手の評価(カッコ内)の40倍程になっています。

なお、米国の収集家でも知らない人が多いので、ネットオークションで掘り出すことが可能です。但し、画像によってはガムブレーカー「有り」が「無し」に見えてしまうこともありますので、要注意です。(小生も何度か空振りをしています。)

更に、平面印刷の#576(当然ガムブレーカー無し)を、輪転印刷の#631と間違えて出品する低レベルのコレクター(ディーラー)も居ますので、これも注意が必要です。
(逆に、中途半端な知識のコレクターは、ガムブレーカーが無いだけで平面印刷と思い込み、#631を#576として出品してくれることもありますが・・・・。)

最後に、この話はあくまで#631に関してで、他の切手の場合は事情が異なりますので、念のため。

| | Comments (0)

July 05, 2008

ポイントは?

576631
あまりパッとしない未使用田型2組。裏面にはヒンジが付着している。少し前に入手したものだが、ちょっとした掘り出し物である。
左側は#576平面印刷無目打、右側は#631輪転印刷無目打。いずれもそれほど珍しい切手ではない。既に両方とも版番号ブロックやアロー/ガッターブロックなど、ポジションブロックは一通り持っている。
それでも買ったのには、それなりの理由がある。
その理由とは・・・・・・・?

| | Comments (4)

« June 2008 | Main | August 2008 »