« July 2008 | Main | September 2008 »

August 30, 2008

大物

Get!
と言うことで、画像をどうぞ。
478
#478 透かしなし、目打10の1ドル、使用済25枚ブロックである。
単辺の評価は1枚25ドルなので、掛け算をすると600ドルちょっと。購入額はその半額なので、それ程の「お買い得」感は無い。
ところが、使用済田型の評価は175ドルと、75%のプレミアムがつく。1908年シリーズの切手としてはかなりのもので、ブロックが希少であることを示している。まして、これだけの大ブロックとなれば・・・・・。
かなり無理をしたが、満足できる買い物であった。耳紙のアローマークもうれしいもの。(シート構成が中低額と異なる証明にもなるから。)

ところで、驚いたのが、糊がきれいに残っていたこと。アメリカ切手の場合、料金別納や電信料金など、所謂局内使用は殆ど無いが、唯一あるのが料金受取人払。通信販売が盛んだった為、返信用封筒分の料金を纏めて払う場合、かなり高額になることがあった。本来は不足料切手を使用すべきなのだが、普通切手が使用されることもあったようである。今回のブロックは、その様な場合にシートで使われたものの一部かな、と思う。

なお、1908年シリーズの1ドル切手は、、目打11(#518)が比較的安価なため、全体的に高価なイメージは無いが、それ以外では今回の#478が最も安い切手で、それ以外は2桁後半以上とかなり手強い対象である。
#523を除く2ドルや5ドルより高価である点、覚えておくと良いかもしれない。1ドルで目打の細かいもの(目打12)と粗いもの(目打10)は、拾って置いて損が無い。

| | Comments (2)

August 04, 2008

物量の国

Prexy
目方でドーンという感じの画像は、少し前にe-Bayで終了したロット。大統領シリーズの束で、21万枚以上あるらしい。
「200ドルくらいなら・・・」と、少し惹かれたが、結果は700ドル強。3枚で1セントというのは、安いのか高いのか・・・・。
冷静に考えると、日本のコレクターには「物理的に」受け入れ難い分量だと思う。重さは22ポンド(約10キロ)とのこと。

| | Comments (0)

August 01, 2008

#631(2)

夏休み(=帰国)が決まった。8/9~17で、5日間の休暇に前後の土日をプラスし、9日間の帰国となる。
自宅は埼玉県で熊谷の近く。暑いだろうなあ。(因みに香港の気温は、上がっても35度。最近の最高気温は32度前後なので、日本より低いくらい。但し、湿度は100%に限りなく近く、ムシムシするが。)
631
631r
画像は、もうお分かりですね。#631ガムブレーカー無しの版番号ブロック。
カタログ価はヒンジ跡ありでも700ドルと、立派な掘り出し物。e-Bayサマサマである。
先日紹介した田型と、この版番号田型、そして「ガムブレーカーなし」として、それなりの値段で購入したペアの3つが手に入ったが、輪転印刷であることが一目で判るガッターブロックが欲しい。(欲を言えば、クロスガッターブロックであるが・・・。)どこかに転がっていないだろうか?

| | Comments (0)

« July 2008 | Main | September 2008 »